お知らせ

ブログ

2018.10.05

女性なら誰もが悩むシミ。。。

こんにちは。新川薬品 野嵩店です。

 

本日は、誰もが悩むシミについて

お話しさせて頂きます。

 

シミには種類があり、

それぞれ適した対処法を

とることが美肌への近道です。

 

今回は、肝斑(かんぱん)という

シミを中心にご紹介します。

 

肝斑は一般にはあまり知られていませんが、

決して珍しいシミではありません。

まずは、その他のシミの種類と対処法に

ついてご紹介します。

 

■タイプ①

日光性黒子(にっこうせいこくし)    

「老人性色素斑」とも呼ばれますが、

年齢には関係ありません。

いかに紫外線に当たってきたかが

重要なのです。

特徴は、境界のはっきりした

円形~楕円形で、淡~濃茶色です。

 

原因:紫外線

対処法:美白剤、レーザー治療、光治療など

 

■タイプ②

雀卵斑(じゃくらんぱん)                   

「ソバカス」のことで、両頬から鼻にかけて

見られる小さな淡い茶色のシミです。

治らないと勘違いする人も多いけれど、

ちゃんと治療法があるので安心して下さい。

 

原因:紫外線、遺伝傾向が強いといわれる。 

対処法:美白剤、レーザー治療、光治療など 

 

■タイプ③

炎症後色素沈着

ニキビやケガのあと、虫さされのあとが

シミになって残ったものです。

2~3ヶ月で回復に向かうことが多いのですが、

ときに長期に残ることもあります。

 

原因:紫外線、ニキビ、ケガ、虫さされなどの炎症  

対処法:美白剤、光治療、ビタミンCの内服薬

 

■タイプ④

肝斑                          

一般にはまだあまり知られていないようですが、

ごく普通のシミです。

境界のはっきりしないモヤモヤとした淡い茶色の

シミが両頬や口のまわりに左右対称に現われます。

 

原因:女性ホルモンバランスの乱れ、紫外線など

対処法:トラネキサム酸の内服薬

 

上記にてあなたの悩ませているシミの

種類がわかったら、それぞれに適した

対処法をとることが、解決への近道です。

-漢方の相談なら-   

・更年期障害
・不妊治療、不妊症
・自律神経失調症
・ストレス
・皮膚疾患症
(アトピー性皮膚炎など)
・不眠 ・糖尿病 ・その他
#漢方相談 #免疫 #不妊治療 #不妊症
#アトピー性皮膚炎 #沖縄 #アトピー
#新川薬品野嵩店

 

新川薬品 野嵩店

http://arakawa-kampo.com/

沖縄県宜野湾市野嵩1-2-12


健康と医療ランキング


アトピー性皮膚炎ランキング





--------------------------------------------------------

☆漢方の事、健康の事、ブログで情報発信中!


◆新川薬品公式ブログ
https://ameblo.jp/arakawa-kampo
--------------------------------------------------------

☆インスタグラム始めました!


◆新川薬品公式インスタグラム
https://www.instagram.com/arakawa_kampo/
--------------------------------------------------------